環境への取り組み

ISO14001の認証を取得しています

生活協同組合パルシステム茨城は、認定機関日本環境認証機構(JACO)によって2003年2月19日にISO14001認証を取得しました。ISO14001の取り組みを進めていくなかで、環境負荷低減に向けた取り組みをおこない、環境保全型事業をめざすとともに仕事の進め方そのものをPDCAサイクルに基づいて見直し、改善を常にすすめています。

ISO14001とは?

「国際標準化機構」(International Organization for Standardization)の略で、国際的にものごとの標準をさだめようという非政府組織です。その中でISO14001は環境の管理システムについて決められた国際標準規格です。地球環境問題が深刻化するなか、地球環境保全への全世界的な取り組みの中で生まれました。

【日本環境認証機構(JACO)によるISO14001更新審査】

2014年12月3日〜5日間に、日本環境認証機構(JACO)によるISO14001更新審査がおこなわれました。今回は2003年2月に認証を取得してから4度目の更新審査となり、過去3年間の実績が評価され、不適合もなく認証を更新することができました。

【ISO14001登録証】

ISO14001登録証

パルシステム茨城環境方針

生活協同組合パルシステム茨城は、パルシステム茨城の理念「心豊かなくらしと共生の社会を創ります 〜 一人ひとりの愛と自立した協同の力で心豊かなくらしの創造と誰もが公平に生きつづけられる社会をめざします」のもと、環境にやさしい取り組みを強め、循環型社会づくりをめざすため、以下の環境方針を定めます。

生活協同組合パルシステム茨城は、組合員に対して商品の供給・配送事業と共済などのサービス事業をとおして、生協運動や組合員活動をおこなっています。こうした事業活動、サービスによる主要な環境影響を常に認識し、組織の環境側面に関係して、適用可能な法的要求事項及びその他の受け入れを決めた要求事項を遵守します。また、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的・環境目標を設定し、定期的な見直しをとおして、環境負荷の軽減・汚染の予防と環境マネジメントシステムの継続的改善をはかります。

(1)環境に配慮した事業や運動・活動の取組みをすすめます。

(2)環境負荷低減の意識向上に取り組みます。

(3)環境配慮型生産品・商品の普及をすすめます。

(4)地球温暖化防止につながる省エネルギーをすすめます。

(5)組合員とともに廃棄物削減、リユース・リサイクルの取組みをすすめ、地球環境保全の呼びかけを強化します。

以上の活動をすすめるため、組織で働く、または組織のために働く役・職員が環境方針を理解し、行動できるよう、啓発及び教育活動をとおして周知徹底をはかります。また、東日本大震災後のエネルギーを取り巻くさまざまな状況を踏まえ、再生可能エネルギーなどに関する情報を収集し、信頼性のある情報を発信していきます。

この環境方針は、生活協同組合パルシステム茨城内外に公開します。

2013年6月12日
生活協同組合パルシステム茨城
専務理事 塚本 昭二

TOP