テーマ別組合員活動

テーマ別組合員活動とは

地域に根ざしたテーマ別組合員活動「環境・福祉平和国際交流・食育・産直」の組合員活動をすすめます。

方針

食育

1.方針

①手づくりを基本とした食の大切さを伝え、実際に作る楽しさを体験して、感謝の気持ちを育み、食べ物を選ぶ力を身につけるための食育活動をおこないます。
②お米+一汁二菜(4つのお皿)のバランスの良い日本型食生活の大切さを伝えるために、コミュニケーションを大事にした楽しい食育活動を広めます。

2.活動計画

①組合員向け企画や地域貢献できる活動として幼稚園や保育園、小学校に出向き「紙芝居」「パネルシアター」などの教材を使って食育の出前授業をおこないます。
②組合員向けに子どもや親子向けなどテーマ別の料理教室をおこないます。
③組合員向けに食育活動報告会をおこないます。
④毎月1回定例会を開催し、出前授業の練習、意見交換、学習会等をおこない、幅広い年代に向けた食育活動を検討します。

産直

~食と農をつなぎ 心豊かな暮らしをめざし 産直活動をすすめます~

<目的>
産直産地の取り組みを自ら学びパルシステムの産直を広く伝えます。

<活動計画>
①生産者を招いて話を聞くなど、産地の努力や農業の実態への理解を深める産直講座を開催します。
②産地研修や様々な学習会を企画・運営し、産地報告会などの場で産地のこだわりを広く伝えます。
③産地への理解を深めるために産地研修を実施します。

環境

(1)持続可能な社会をめざし、次世代を担う子どもたちに対して環境体験型企画を開催し、学んだことを実践する力を育てます。

・行政や地域団体と連携した、涸沼を始めとする湖沼や森林での体験
・自然(再生可能)エネルギーへの理解を深める学習会

(2)4R(リフューズ・リデュース・リユース・リサイクル)をキーワードに資源循環型社会をめざします。

・4Rに関する見学会
・回収率が低い資源プラスチック(袋類)を中心とした資源回収の呼びかけ強化

(3)家族の健康と環境を守るため、より地域に密着した石けん利用普及活動に取り組み、日常生活の中に石けんを取り入れ実践する意欲を広めます。

・石けんや水環境に関する理解を深め、企画において冊子『レッツ・トライ石けんライフ』の活用
・各地のイベントに出展し、組合員に限定せず、広く石けん利用の呼びかけ

福祉平和国際交流

~安心して暮らせる共生社会をめざし、福祉・平和・国際交流活動に取り組みます~

1.福祉活動

(1) 組合員と地域に住む方々の健康維持及び子育て世代、障がい者と居住する世帯、生活困窮者世帯の支援活動に取り組みます。

①乳がんを含むがんの予防のための知識普及や検診受診の大切さを啓発するための学習会や活動の機会を設けます。
②認知症予防の知識習得と介護する側の知識も得られる場を併せて設けます。
③発達障がいや精神障がい、引きこもりなどの問題を抱えた方々を理解するため、学習会や意見交換会、交流ができる場を各種団体と連携して取り組みます。
④生活困窮者世帯の支援の活動を理解するため、学習会や活動の機会を各種団体と連携して設けます。

2.平和・国際交流活動

(1)各種団体や行政・NPO法人などと協力、連携して平和や国際支援、国際交流活動に取り組みます。

①茨城県生協連主催の「ピースアクションin茨城」の企画・運営に協力すると共に、パルシステム茨城 栃木独自の平和活動の取り組みを進めていきます。
②NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会、特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド、茨城県ユニセフ協会の活動を理解し、協力することにより、平和の大切さや国際支援活動の現状理解を広めるための取り組みを進めていきます。
③地域で活動している団体・グループと協力、連携して海外文化が体験できる活動を進めていきます。

TOP